傾聴術ワークショップ 2014年3月8日,9日

 始まる前は、自分という存在が受けいれてもらえるかどうか不安でした。
でも受け入れてもらえていると感じてとてもうれしい気持ちになったし、大切な学びを頂けて本当に幸せでした。他の人との意見交流は楽しいです。
 理解を、頭でするのが当然だと思っていたけど、理解とは”感じるもの”だと思えました。
今回、本当によい学びができて幸せです。
 自分が信じて疑わない、疑問にさえ思っていないくせ、こだわり、etc.に気づけるきっかけになります。
 自分一人では見つけられないものなので、すごく価値があると思うので、ぜひ一緒に勉強しましょう。
(20代 大学院浪人生 女性)


 傾聴を学ぶのは初めてだったので、どのような内容なのか不安がありました。一方的に講義されるのかと思い、2日目は欠席しようかなと思っていました。
 でも実践ワークで始まり実践ワークで終了。いろいろなシチュエーションで体感することができました。
実践ワーク、すごく良かったです。きつかったですが・・・
 言い回しの大事さ、相手の話の奥に何があるのかを聴きながら理解してそこに共感することのムズかしさ。
学びは深かったです。
 仕事としてではなくても、傾聴することでコミュニケーションも改善されていくかもしれないので「聞く」ではない「聴く」を是非!体感してください!(50代 女性)

 自分の傾聴について「本職なのにできないと思われるのではないか」、「あの人、傾聴できてない」と恐れずに、傾聴のちからをつけることに取り組める。
 本職なのにできていないとバカにされることがない。安心して取り組める。
 これは、知り合いがいないことと、古宮先生の講座なら大丈夫と思えるところです。
 「人の話に耳を傾ける」とはどんなことか、実感できます。できなくても責められないので、怖い思いをすることはありません。(40代 臨床心理士 女性)


(参加前は)講座の流れがまったく予想できなかったことが不安でした。(でも実際は)テンポも早すぎず理想的でした。
 自分の弱点(カウンセラー的に言葉を発するところ)がよくわかった。自分の過去のできごとでのきづきがあった。
 予想以上に満足できる講座でした。つかれましたがひじょうに充実していると感じました。(30代 予備校講師 男性)


 初回の自己紹介時に専門家の人が多くついていけるかどうか不安がありました。
でも和やかな雰囲気の中、気後れすることなく終了する事が出来、安心しました。
 多くの質問をすることができましたし、自分の悪いくせや誤解に気づく事が出来、今後の学習に当たっての参考になると思います。少人数で繰り返しワークするので、ラポールも形成され効率的な学習が出来ると思います。(50代 会社員 男性)

 始める前は、自分の聞き方が人に見られる恥ずかしさ、不安があった。自分のいたらなさが分かることで
落ち込むこともあったけど、発見することも多くあり、参加して良かった。
 カウンセリング場面の聴き方が普段見ることができないので人によってこれだけ違いがあるとわかるのはおもしろい。自分の聴き方のクセがわかる。
 ロールプレイで「犬、猫、バラ」になって話をしましたが、少しやりにくかった。共感しにくい?話し手が傷つかないための配慮だと思いますので難しいと思いますが・・・
 古宮先生が安全な空間を作ってくださるので安心して参加できます。(30代 臨床心理士 男性)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。